読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴこぴこみち

ピナレロGAN Sをパートナーに休日ロードバイクを楽しむ

ニューシューズ! Lintaman ADJUST road Pro

SPD-SLを使い始めてから1年3か月、今回シューズを買い替えました!とりあえずお試しにと思い買ったエントリークラスのシューズから、ついに卒業😆



購入したのはタイトルの通り、Lintaman ADJUST road Proです。
カーボンソールの本格派ですよ…。
まず、私は幅広足なのでワイヤーの掛け方次第でいろいろ調整出来そうなのが魅力的で検討していたところ、カラバリにスカイブルーがある事を知り、もう即決👍
しかしこのシューズ、カッコ良すぎる…



付属品はスペアの薄いインソール、ワイヤーの掛け方により使用するゴムバンド。
それと右下に写っているもの。これなに??と調べてみると、カーボンソールとクリートの間に挟む事でずれ防止になる物のようです。



リンタマンのシューズは「自分をシューズに合わせるのではなく、シューズを自分に合わせる」がコンセプトで、ワイヤーの掛け方次第でフィッティングを変更できます。



いろいろ試してみて、こんな感じに。
結局パッケージの例と違う形に(笑)
こんな事も出来てしまう懐の深さ。


シューズが変わった事により、クリートの位置探しはやり直し。前のシューズ、クリート位置だけはバッチリだったので外すの勇気要りましたよ…。
まぁこれは仕方ないので、走りながら探っていきます。


履いた印象としては、軽さはよく分からないけどカーボンソールの硬さは踏み込みをロスなくペダルに伝えている気がします。自分に合わせてフィッティングできるのが素晴らしいと思います。

1つ惜しいのは甲の部分は細かく調整可能なのに、かかとのホールド感が惜しい感じがします。
ただこれはリンタマンも分かっているのか、最上位グレードのADJUST pro plusではヒール部分にもワイヤーとダイヤルがあるのです…!
恐るべしリンタマン。


…かなり久しぶりのブログ更新となりました。
ぼちぼちやっていきます😅