読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴこぴこみち

ピナレロGAN Sをパートナーに休日ロードバイクを楽しむ

アルプスあづみのセンチュリーライドの参加証が届きました

アルプスあづみのセンチュリーライド(AACR)の参加証がポストに届きました!

AACRは人気あるイベントらしく、素早く申し込まないとすぐ定員になってしまう自転車乗りにとっての“エントリー峠”だと聞いていたので、ライブチケット並に心の準備をしてエントリー開始に備えました。

ラッキーな事にほとんど待たされずに申し込み画面に進み、一番人気っぽい160km1組を取れちゃいました。

しかし冷静になってみると160kmは未知の距離。自宅から三浦半島一周すれば、その位行きそうだけどまだ未経験。

不可能じゃないかも知れないけど、常にペース管理しながら走る事になるんでは?初参加なので雰囲気・エイドステーションなど含めて楽しみたいなぁと申込完了してから思いはじめてしまいました。

ダメモトで事務局に少し短い120kmクラスに距離変更を問い合わせてみたら大丈夫との事!(もちろんそのまま160km走っても完走扱いになるとか)これでライドも雰囲気も満喫出来そう。

実際走る事になる120kmのルートは、松本市の宿泊施設、梓水苑(しすいえん)をスタートして安曇野穂高を辿り、木崎湖の辺りで折り返しというルート。

スタート地点の梓水苑、偶然にも観光で泊まった事があるので知っている場所だったりします。周辺の景色の素晴らしさはよく覚えてます。

ちなみに160kmルートは木崎湖から更に北上して白馬駅の辺りで折り返し。車で旅行して訪れた印象では、確かに木崎湖と白馬の間は良い景色なので、来年以降ぜひ挑戦してみたい。

他には復路を貸切列車で戻って来られるルートもあったりとかスゴイぞAACR。

ちなみに郵送されてきたのは…

  • 参加証
  • 参加案内書
  • 安全走行について
  • 自転車検査証

自転車検査証は、事前に自転車店で点検を受けてサインを頂かないといけないと判明。早く開封して良かった(笑)
ゼッケン番号は決まっているけど身に付けるゼッケンは受付時に参加記念品と共に受取る流れのようです。



さらにゴールデンウィーク5月5日は、栃木県・もてぎ7hエンデューロにエントリーしてたりします。